カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

脊髄病理学

出版社:三輪書店
橋詰良夫・吉田眞理・著
2019年5月27日 ISBN:9784895906623

脊髄病理学

価格:

21,600円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

900点以上の画像とともに病理を学べば、脊椎脊髄診療は発見に満ちている ! 脊椎脊髄疾患は、日常生活動作に重大な影響を与えます。医学の進歩により、診断所見、分子・遺伝子レベルでの病態の把握、治療法の開発が進み、これらを総合的に理解して脊髄の変化を正確に捉えることが求められています。しかし現在まで脊髄の病理に特化した専門書はないのが現状です。われわれは剖検時、「発生から老化まで」を合言葉に、人生において生じてくるさまざまな脊椎脊髄疾患の病態の理解のため、ほぼ全例で脊髄の検索を行ってきました。脊髄はその全長を脊柱管に囲まれ、慣れないと剖検において採取することが困難であり、神経病理を専門としない一般病理の分野では検索することが少ない臓器です。本書では上部頸髄から馬尾に至るまで、硬膜を破らず、後根神経節を含めて採取する脊髄採取方法について、初心者にもわかりやすいように紹介しています。脊髄の検索では、頭蓋内病変、脊柱管を構成する椎骨とその周囲組織、全身臓器の病変との関連で行う必要があり、単に脊髄を採取するだけでは疾患の正確な理解ができないことに留意すべきです。 本書は三輪書店が刊行している「脊椎脊髄ジャーナル」で好評をいただいた連載カラーアトラス「脊髄の病理」に約8年間にわたって掲載された内容を基本として作成しました。 脊髄の病理の理解は、脳神経内科、脳神経外科、整形外科、小児神経科、放射線科、病理科の医師のみならず、医学部の学生、患者の看護、リハビリテーションにかかわる看護師、理学療法士、作業療法士などの方々にも必要です。本書が脊椎脊髄疾患の臨床、病理、基礎研究に携わる方々に参考になれば、著者として大変うれしく思います。 9784895906623

第I章 病理総論
第II章 血管障害
第III章 感染症
第IV章 変性疾患
第V章 自己免疫性疾患
第VI章 脱髄疾患・代謝疾患・中毒
第VII章 脊髄腫瘍
第VIII章 脊髄損傷
第IX章 発生異常
第X章 脊椎疾患

ページトップへ