カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

新型コロナのエアロゾル感染【下巻】―提言編 法律・経済・教育問題

出版社:緑風出版
長崎大学バイオハザード予防研究会・著
2020年11月20日 ISBN:9784846120214

新型コロナのエアロゾル感染【下巻】―提言編 法律・経済・教育問題

価格:

2,090円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

新型コロナ感染症は、第二波に入ったようで、終息する気配が見えません。本書上巻では、主な感染がエアロゾル感染であることをいち早く提起し、マスクの着用を呼びかけました。WHO、CDCも世界の科学者の提言で、それを追認する形になりました。  下巻では、エアロゾル感染の観点から、PCR検査や換気の重要性など具体的な感染症対策を提言し、また、コロナ対策の法的問題点、経済・教育・人権の問題など喫緊の課題を取り上げます。 9784846120214

第七章 なぜ東アジアは、感染確認者数・死者数が少ないのか?
第八章 新型コロナ対策のための提言
第九章 新型コロナ対応の法的問題点と国民生活を守る提言
第十章 学校教育に於ける新型コロナ感染症対策への提言
資料編 新型コロナウイルスについてさらに知りたい人のために

ページトップへ