カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

感染症プラチナマニュアル 2020

出版社:メディカル・サイエンス・インターナショナル
岡秀昭・著
2020年1月25日 ISBN:9784815701789

感染症プラチナマニュアル 2020

価格:

2,200円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

電子版あります(外部サイトを開きます)
※ご利用方法はこちら


感染症診療に必要かつ不可欠な内容をハンディサイズに収載。必要な情報のみに絞ってまとめ、臨床における迷いを払拭する。改訂に際し約60頁増ながらコンパクトさを堅持しつつ、定価据え置き。新刊『ASM臨床微生物学プラチナレファランス』と『微生物プラチナアトラス』との3書のリンクを実現。拡大版『感染症プラチナマニュアル 2020 Grande』も同時発売。若手・ベテラン問わず、医師・ナース・コメディカルのみなさまに。 9784815701789

☆改訂のポイント
・約60ページ増。新規ガイドライン(バンコマイシン,市中肺炎)と最新の主要論文120本の情報を更新。
・2020年東京オリンピックにあわせて,輸入感染症の項目を新規追加。また,第4章「成人のワクチン」を新規追加し,予防接種の項目を設けた。
・付録に血液培養の項目を追加。薬剤相互作用の記載をアップデート。 ・プラチナトラブルシューティングに追加。
・抗菌薬にはセフトロザン/タゾバクタム,抗ウイルス薬にはホスカルネット,原虫・寄生虫薬にはパロモマイシンをそれぞれ追加。
・薬剤耐性菌治療(ESBLsやAmpC産生腸内細菌,CRE)の項目を新規追加。
・黄色ブドウ球菌,リステリア,レジオネラ,カンピロバクター,サルモネラ,赤痢,病原性大腸菌,緑膿菌,糞線虫等の記載を強化。アクチノマイセス,トキソプラズマ・ゴンディを新規追加。 ・化膿性滑液包炎,開放骨折の項目を追加。
感染症診療の8大原則
第1章 感染症治療薬
第2章 微生物からのアプローチ
第3章 病態・臓器別のアプローチ
第4章 成人のワクチン
付録

ページトップへ