カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

人体実験の哲学 「卑しい体」がつくる 医学、技術、権力の歴史

出版社:明石書店
グレゴワール・シャマユー・著・加納由起子・訳
2018年9月30日 ISBN:9784750347288

人体実験の哲学 「卑しい体」がつくる 医学、技術、権力の歴史

価格:

3,888円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

卑シイ体デ試スベシ 医学実験にともなうリスクは差別的に不平等に社会の中で配分されていた。 死刑宣告を受けた者、孤児、娼婦、植民地住民、あるいは瀕死の病人など、すでに卑賤とされていた人々が「社会」に代わってリスクを引き受けていたのである。「生きた人体の医学実験への供与システム」を医学史、政治思想史の両分野から描く 9784750347288

第1章 刑死体
第2章 死刑因の体
第3章 種痘、あるいは大衆試験
第4章 自己実験
第5章 臨床試験と扶助契約
第6章 治療的試験の権利
第7章 治療的試験の危機と変容
第8章 病理実験
第9章 モルモットと交わされた実験承諾
第10章 現象世界の実験領域への変貌
第11章 植民地の実験
終章

ページトップへ