カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

新しい臨床を開拓するための分子循環器病学

出版社:南山堂
小室一成・編
2019年4月5日 ISBN:9784525249410

新しい臨床を開拓するための分子循環器病学

価格:

6,480円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

循環器疾患領域では発症機序・分子病態の解明が進み,未来医療を導くような基礎研究も進展しているが,それらの知見は臨床医にはまだ十分に理解・活用されていない.「脳卒中・循環器病対策基本法」も成立し,大きく変わる循環器診療のなかで,本書では,30テーマの第一人者が,疾患予防・治療につながる基礎研究の過去・現在と未来を語る. 9784525249410

1.循環器疾患におけるゲノム解析の意義は何か
2.分子構造解析で何が見えるか
3.心臓発生の分子機序から先天性心疾患を理解する
4.Direct reprogrammingによる心臓再生
5.心肥大の細胞内シグナルと転写制御
6.統合的オミックス解析により心不全の謎を解く
7.神経制御の破綻による循環器病
8.カルシウムハンドリング異常としての心不全
9.HFrEFとHFpEFの細胞内シグナル
10.栄養・エネルギー代謝から考える心不全
他30

ページトップへ