カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

作業療法の話をしよう 作業の力に気づくための歴史・理論・実践

出版社:医学書院
吉川ひろみ・編
2019年9月1日 ISBN:9784260038324

作業療法の話をしよう 作業の力に気づくための歴史・理論・実践

価格:

3,960円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

電子版あります(外部サイトを開きます)
※ご利用方法はこちら


魅力あふれる作業療法の世界に浸る 「作業療法」とはいったい何だろう。本書は、作業療法学生や新人作業療法士を中心に、経験のある作業療法士、そして作業療法を知りたい方々に向けて、これまで偉人たちが紡ぎ上げてきた作業療法の歴史を踏まえたうえで、現代から将来への作業療法のビジョンを明確に提示する。作業療法らしい物語25篇、さらには日本の作業療法を創り上げた作業療法士による座談会も収載。作業の力に気づき、作業療法の魅力を発信したくなる1冊。 9784260038324

第1章 作業療法のはじまりから今日まで

第2章 作業療法のことば
 1 人間作業モデルから作業療法10の戦略へ
 2 カナダモデルから作業の意味を考える枠組みへ
 3 アメリカの作業療法から学ぶべきこと
 4 生活行為向上マネジメントの意義
 5 考える,伝えるための道具としてのことば―キーワード

第3章 作業療法をする人
 1 作業療法士の専門性
 2 もつべき知識
 3 もつべき技能

第4章 作業療法の物語
 1 作戦会議
 2 断わられても
 3 好きこそものの上手なれ
 4 マラソンへの挑戦
 5 料理ができるためには
 6 今はできなくても
 7 ダンスで回復
 8 偉大な書道家ふたたび
 9 食事は楽しむもの
 10 マジックに命を注ぐ
 11 赤いスマートフォン
 12 患者から作業をする人へ
 13 ギターから変わった
 14 妻が仕事に行くために
 15 経営パートナー
 16 おかず交換の時間
 17 資格の壁
 18 偶然が生んだ覚悟
 19 培ってきた知識や技術
 20 花を咲かせるコツ
 21 終活からの新たな人生
 22 プランターから花壇へ
 23 思いに合う働きかた
 24 マレーシアで籐細工
 25 死ぬのを待つだけのはずが

第5章 悩める作業療法士が開く扉
 1 何もしていないようにみえる
 2 作業療法過程
 3 作業療法実践を阻む壁

第6章 座談会「作業療法の話をしよう」

付録
 作業療法関連年表
 作業療法の誕生を支えた人々
 作業療法の発展に貢献した人々
 世界作業療法士連盟(WFOT)の声明書の概要

索引

ページトップへ