カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

パンデミックの世紀  感染症はいかに「人類の脅威」になったのか

出版社:NHK出版
マーク・ホニグスバウム・著・鍛原多惠子・訳
2021年5月30日 ISBN:9784140818565

パンデミックの世紀  感染症はいかに「人類の脅威」になったのか

価格:

3,850円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

スペイン風邪から新型コロナウイルスまで、感染症に対する人類の苦闘を克明に描く 1918年の「スペイン風邪(インフルエンザ)」の流行以来、人類を襲ったいくつもの感染症。科学史・医療社会学を専門とする著者は、10年にわたる調査をもとに、未知の病原体の発見と感染の急速な広がりが大規模な被害とパニックを引き起す過程、それらに対する科学者たちの懸命の取り組みを克明に描き出す。人間の「認識の盲点」を突くパンデミックに対抗するには特定の分野の専門知だけでは不十分であり、生態学的・免疫学的・行動学的要因を総合的に分析する必要があることを明らかにする一冊。「フィナンシャル・タイムズ」ベストブック2019に選出された話題作に、新型コロナウイルスの章を加えた決定版! 9784140818565

第1章 青い死病
第2章 天使の町の疫病
第3章 オウムが運んだヒステリー
第4章 フィリー・キラー
第5章 在郷軍人病ふたたび
第6章 アメリカのエイズ・アフリカのエイズ
第7章 SARS-スーパースプレッダー
第8章 国境地帯のエボラウィルス
第9章 ジカ熱のZ
第10章 疾病X
エピローグ パンデミックの世紀

ページトップへ