カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

TeamSTEPPSを活用したヒューマンエラー防止策

出版社:日本看護協会出版会
東京慈恵会医科大学附属病院看護部・医療安全管理部・編著
2017年9月30日 ISBN:9784818020573

TeamSTEPPSを活用したヒューマンエラー防止策

価格:

2,808円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

本書は2014年に刊行した『ヒューマンエラー防止のためのSBAR/TeamSTEPPS』をもとに、装丁と本文デザインを一新して改訂、改題し刊行するものです。内容も40頁増補しています。TeamSTEPPS(チームステップス)とは、さまざまな職種で構成される医療チームが、特にヒューマンエラー対策として成果を出すための米国発の方法論です。SBAR(エスバー)は、この中のコミュニケーションツールであり、患者の変化を察知し、医師へ報告する場合、SBARを意識して行うことで、迅速かつ適切な診断・治療に結びつきます。本書はSBARをはじめ、TeamSTEPPSの中からヒューマンエラー防止のためのコミュニケーションツール(CUS、2チャレンジルール、クロスモニタリング、ハンドオフ、チェックバック、コールアウト)を解説し、実践事例を紹介します。チームの協働意識を向上させ、適切な判断と技術、チームワークで患者の安全を守り、医療安全の成果につなげられる入門実践書! 9784818020573

1章 協働におけるチームワーク改善のための取り組み
2章 チームステップスでノンテクニカルスキルを高め、アサーティブコミュニケーションを実践しよう!
3章 主なコミュニケーションツールの考え方と事例
4章 医療現場におけるSBARの活用
5章 研修でコミュニケーションスキルを磨こう!

ページトップへ