カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ

出版社:日本看護協会出版会
川越博美・著
2017年1月10日 ISBN:9784818020320

訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ

価格:

1,728円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

第1章 患者になって考えた
第2章 訪問看護の現場で考えた?@「最期まで家で過ごす」を支える
第3章 訪問看護の現場で考えた?A在宅ケアは家族ケア
第4章 これからの在宅ケアを考える?@連携の現状に感じるもどかしさ
第5章 これからの在宅ケアを考える?A誰もが家で老いて死ねるまちに

第1章 患者になって考えた
第2章 訪問看護の現場で考えた?@「最期まで家で過ごす」を支える
第3章 訪問看護の現場で考えた?A在宅ケアは家族ケア
第4章 これからの在宅ケアを考える?@連携の現状に感じるもどかしさ
第5章 これからの在宅ケアを考える?A誰もが家で老いて死ねるまちに