カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

看護における危機理論・危機介入 第4版

出版社:金芳堂
小島操子・著
2018年2月10日 ISBN:9784765317467

看護における危機理論・危機介入 第4版

価格:

2,700円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

2004年に初版が出版された人気シリーズ待望の第4版.今では,日本における看護の教育・実践・研究の一分野として定着した「危機理論・危機介入」について危機状況にある患者の看護に重要な,患者にとって大切な家族のゆったりしたぬくもりを添えて,家族危機にさらなる関心を高めてもらうためである.危機理論を学び,患者をみるといったプロセスの中で危機理論の概説,医療現場での危機状況,危機モデルと危機看護介入の解説等,初版の基本的内容は残している.今回の改訂にあたり,事例紹介で取り上げたモデルをすべて入れ替え,全モデルの事例を紹介した.看護学生,新人看護師,臨床の現場で患者の危機的状況に遭遇,危機介入するベテラン看護師たちに,危機看護介入の指標を示す1冊. 9784765317467

I章 危機とは
II章 喪失と危機
III章 医療の場で危機を引き起こす要因
IV章 危機モデルと危機看護介入
V章 危機状況にある患者の危機の分析と看護介入

ページトップへ